Archive for the ‘ブログ’ Category

期間限定第二弾 四万温泉エール高野山IPAを発売しました!

2017-10-16

 

 

四万温泉エール高野山IPA

いつか、つくりたいと思っていたセッションIPAを仕込む事が出来ました

期間限定の四万温泉エールをつくるとしたら、最初につくろうと思っていたのがこのセッションIPAでした。エールを作り始める前は、苦くないビールを造ってそれを個性にしようなんて思っていたのですが、苦いことは立派な個性で美味しいんだと気づかせてくれたのがIPAでした。
いつか作ってみたいとは思っていましたが、忙しさにかまけてレギュラー品の3種類しか仕込んでいませんでした。今回は四万温泉ビアフェスへ協力しなければならないので、山椒エールと一緒につくることにしました。

ホップのファルコナーズ フライト 7Csが味の決め手!!

セッションIPAのレシピは勉強して割とすぐに決まったのですが、重要なホップの選択が問題でした。実は四万温泉エールファクトリーで使っているホップはヨーロッパ産ばかりなのです。やっぱりIPAはアメリカ産の香りプンプンのホップが使いたいと思ったのですが、アメリカ産は仕入れ先が見つからないんですよね~。
どうしようかと考えながら、税務署に管理されている帳簿をつけていたら原料受払簿に忘れていたホップを見つけました。以前取引のあった業者さんからカスケードホップの代わりにすすめられた「ファルコナーズフライト7Cs」というブレンドホップでした。柑橘系の香りが強い品種のブレンドホップでまさにIPAの為のブレンドホップだったのですが、ヨーロッパ産のカスケードが手に入ったので忘れていました。購入してからすこし経っていたのでちょっと心配でしたが、アルミ袋を空けないまま冷蔵で保管していたので全く問題ありませんでした。通常のエールだって割と贅沢にホップを使っているつもりなのですが、その2倍以上のホップを使って仕込みました。

まさに苦くて苦くてホップくさいIPAが出来ました

出来上がった四万温泉エール高野山セッションIPAを味見したときは本当にうれしかったです。口に近づけるだけでホップが香り、ガツンとした苦みが来て口の中に柑橘系ホップの香りが広がります。まさに思い描いていたIPAの味でした。
ファルコナーズフライト7Csは多分もう手に入らないので、あと2~3回仕込むと無くなってしまいますが、そうしたらまた違う味のIPAをつくってみたいですね。

名前の高野山の由来は仏教とはなんの関係もありません

セッションIPAの前につけている名前の「高野山」ですが、『たかやさん』と読みます。実は山椒エールの名前の元になった三小の木造校舎の正面にある山の名前が「高野山(たかやさん)」だったのでその名前をもらいました。今でも毎日緑色の高野山を見ながら生活しているので、緑のホップいっぱいのイメージが緑の高野山に直結して名付けました。私としては良い名前だなあなんて思っているのですが、よく考えたら自分にしか分からないですね。

四万温泉協会のYくん、そんな訳でこれからは「たかやさん」と読んで下さい。お願いします(^_^)

 

期間限定 山椒エール『四万温泉エール三小』を発売しました

2017-10-16

四万温泉エール三小

高崎市のシンキチ醸造所の堀澤さんに刺激を受けて、期間限定の四万温泉エールを醸造することに決めました。
タイトルは「発売しました」ですが、発売したのは7月末の「四万温泉ビールフェス」の時ですから、10月の現在ではもうすぐ販売終了しますという感じです。

群馬県産の山椒の実の内、半分は四万温泉内で手摘みしました

以前、どこかのビアフェスで味見をした山椒エールの味が記憶に残っていました。その時「山椒をちょっといれただけで風味がつくんですよ」と言われたので簡単に考えていました。
四万温泉内には自生している山椒の木も結構みるし、親戚の庭にも1本生えている。山椒の葉っぱを摘むときに手に臭いがついて困るくらいだから、葉っぱを2~3㎏摘めばいけるだろう、なんて気軽な物でした。
試しに、山椒の葉っぱを摘んでみて、煮込んだり水出ししたりしてみたら、思ってた以上に香りがつきません。軽くもんだ葉っぱにお湯を注いだハーブティーは手軽で美味しかったです。調べてみると山椒は葉っぱよりも実の方が風味が強いことが分かりました。そこで山椒の実を探してみるとどの木も葉っぱはしげっていますが、実はついていません。そこで妻に相談すると「山椒の佃煮を作っている人に聞いてみる」という事で何とか山椒の実を集めることが出来ました。ちょっと量が足りなそうだったので、道の駅で買ってきた群馬産の山椒の実も使いましたので、四万温泉産の山椒は半分くらいです。

山椒はミカンの親戚の柑橘類です。

結構苦労して集めた山椒ですが、ちょっと量が足りなかったかもしれません。
出来上がった山椒エールは山椒の香りがしていますがやや薄めな感じが、逆に柑橘系らしさを感じさせます。山椒のしびれる感じの辛さがあまり感じられません。でも、それが良い風味で美味しいと言って下さる方もいらっしゃいます。
初めての仕込みでかなり不安な仕込みで、思ってた味にはならなかったですが、想定外に美味しく出来上がって大成功だったと思います。

名前の「三小」は中之条町立第三小学校からもらいました。

四万温泉エールを仕込む前に税務署に届け出ないと醸造できないのですが、その時に名前を決めて申請しなければなりません。
四万温泉エールは四万温泉にちなんだ名前にすることにしているので、いろいろ考えました。わしの屋酒店の近くに私が通った木造校舎の小学校があります。もう廃校になってしまったのですが、懐かしい木造校舎を残そうと頑張っている人たちがいるので、その姿を見ることが出来て、中之条ビエンナーレのメイン会場に根なっています。

この学校はみんなから「三小(さんしょう)」と呼ばれていました。

ここでひらめきました。「三小」と「山椒」は音が同じじゃん!!
名前が決まりました。多分、四万温泉エールの名前として空前絶後の最高傑作だと思います。

四万温泉エールファクトリーのバナーを作成しました

2013-08-24

四万温泉エールファクトリー・バナー

四万温泉エールファクトリーのバナーをつくってみました。

サイズは220×90ピクセルです。

わしの屋酒店からリンクするバナーをつくったのですが、

間違ってこっちのサイトに画像をアップしてしまったので

ついでにご紹介します。

中之条税務署に製造免許の延長申請を四万した。

2013-02-09

今月初めに書類を作成しまして、中之条税務署に製造免許の延長申請をしました。

平成23年6月に製造免許を受けたのですが、
最初の3年間は1年限定免許なんだそうです。
その為、毎年今頃延長申請をしまして認められるともう1年製造が出来ることになります。
そして、3年たつと永久免許に切り替わるそうです。

毎年基準が決まっていてそれをクリアしないといけないのですが、以外と難しいのです。
今年も問題があったので、それに対する改善計画を添えてお願いしました。

分かってはいたのですがいろいろ問題がありましてクリア出来ませんでした。

来年は何の問題もなく永久免許に切り替えていただきたいので、
来年度1年間は頑張らなくてはいけません。

その為にやらなくてはいけないのは、
いっぱいつくって、いっぱい売る。
これだけです。

それが難しいんですけどね。

“International Beer Competition” 国際ビール大賞に出品します

2012-08-21

“International Beer Competition” 国際ビール大賞と銘打った地ビールのコンテスト

インターナショナル・ビアコンペティション2012に出品します。

このコンテストは、日本地ビール協会が主催する地ビールのコンテストで、世界の5大コンペティションに数えられています。
世界標準と言われるワールド・ビアカップのビアスタイル・ガイドラインを採用して、総計100ビアスタイルに分けて金・銀・銅賞を決定するそうです。

たくさんの地ビールメーカーが出品するので入賞することは無いと思うのですが腕試しです。本当はコンテストの後に行われる試飲会で他社さんの地ビールを飲んでみることが大事なんだと思いますが、土曜日と言うことでとてもその試飲会に参加することは出来ません。

とりあえず、製造開始2年目の記念に出品という気持ちです。

期待を込めて出品分を箱詰めしました。

摩耶姫

 

四万温泉エールを飲んでオリンピツクにエールを送ろう

2012-08-05

ただ今わしの屋酒店で、
四万温泉エールを飲んでオリンピツクにエールを送ろうキャンペーン

をやっています。

通常1杯600円の四万温泉エールの生が、
100円割引されて、500円で飲めます

さらに、期間中の販売数×100円をオリンピツクかパラリンピックの為に寄付します。

期間は、7月27日〜8月12日 & 8月29日〜9月12日のロンドンオリンピツクとパラリンピックの開催期間となります。

是非この機会に四万温泉エールをお試し下さい。

四万温泉エールの生

「柏屋旅館」さんで四万温泉エールが飲めるようになりました!!

2012-01-26

柏屋旅館

柏屋旅館」さんで四万温泉エールが飲めるようになりました!!

四万温泉の入り口にあるすてきな旅館です。
一見デザイナー系の気取った旅館かと思ったら、クリスマスには社長以下スタッフ全員でクリスマスのコスプレをしてお客様をおもてなしする楽しい宿です。

他の四万温泉エールが飲める旅館・お店は下記のページをご覧ください。

四万温泉エールの飲めるお店・お宿 http://jibier.com/drink.html

「あやめや旅館」さんで四万温泉エールが飲めるようになりました!!

2012-01-08

あやめや旅館

あやめや旅館」さんで四万温泉エールが飲めるようになりました!!

「がんばりやさん」という言葉がよく似合う若女将さんが切り盛りしているお宿です。

気取らない感じがお客様に繰り返しご利用いただける秘密なのではないでしょうか?

 

 

他の四万温泉エールが飲める旅館・お店は下記のページをご覧ください。

四万温泉エールの飲めるお店・お宿 http://jibier.com/drink.html

クリスマス・イブは仕込み日和

2011-12-26

2011年12月24日のクリスマスイブは息子と二人で『四万温泉エール夜の訪れ』の仕込みをしました。

真っ黒なウォートを煮込みながら、暑い暑いと思いつつホップを加えたりしていました。

夕食後から仕込みを始めたので、

ウォートに酵母を加え発酵室に安置して、後片付けを終えたときには夜の11時を回っていました。

工場の四万温泉エールファクトリーを出ると

辺り一面1cmくらいの雪に包まれていました。

ホワイトクリスマス。

クリスマスイブに頑張ったご褒美かもしれませんね。

 

 

「湯の宿山ばと」さんで四万温泉エールが飲めるようになりました!!

2011-12-24

湯の宿山ばと

湯の宿山ばと」さんで四万温泉エールが飲めるようになりました!!

山ばとさんは女主人さんが切り盛りしているすてきな宿です。

小さな宿なので隅々まで気が行き届いて、いろんなこだわりが隠れています。

 

他の四万温泉エールが飲める旅館・お店は下記のページをご覧ください。

四万温泉エールの飲めるお店・お宿 http://jibier.com/drink.html

 

« Older Entries
Copyright(c) 2011 KOHARUBIYORI Co.Ltd. All Rights Reserved.