新製品・柚子エール『御夢想』販売開始します!

柚子エール-四万温泉

柚子の果実をたっぷり使いました!

柚子

柚子を使ったエールはわりとポピュラーな一品だと思います。
群馬でもシンキチ醸造所さんの『 柚子のばかたれ 』、 OCTONE Brewing の『 ゆゾン 』とか美味しい柚子エールがありますし、アメリカのホームブルワーも使うくらい柚子は人気の素材のようです。
そんな訳で四万温泉エールも醸造することにしました。
せっかく柚子を使うのだから、わかりやすく『柚子の味がするエール』を目指しました。
麦芽は大好きなマリスオッター麦芽をメインにして、酸味とやわらかな口当たりを期待して麦芽化していない小麦を使っています。
柚子の果実は当初予定の倍くらい量を使いました。使い方も半割にした果実を麦汁の中で搾るなど出来るだけ香りが逃げないように気をつけました。 CRAFT BEER MARKET で飲んだ柚子エールがほんのり果皮の白いところの苦みが感じられて美味しかったので、その感じも出したいと搾った果実も丸ごとつけ込みました。

柚子の風味がたっぷり、苦みもたっぷり!

柚子エール-御夢想

とにかく柚子らしさが出ることを目指したこのエールの味見をしました。
ちゃんと柚子の風味がバッチリ感じられます。果汁も全部入れてありますし、皮の香りも十分に含まれていると思いました。
ちょっと白皮?の部分の苦みも多く出ちゃったかな?とも思いましたが、ホップ由来でない苦みも感じて欲しかったので満足しています。

群馬県は素材の宝庫?!

今年は柚子の裏年だったのか、不作だったらしく最初に柚子を分けてくれると言っていた方の柚子が採れませんでした。それで焦ったのですが、同級生の助けで想像以上にたっぷり柚子を分けていただけました。そのおかげで柚子の使用量を増やすという贅沢に恵まれました。
そんな事があったので、車で走っていると柚の木を見ると気になるようになったのですが、実は群馬県には想像以上に柚の木があるんです。しかも、柚子の実が収穫されないままになっている木がたくさんあるんです。
当社としては、今回の柚子の実で年間通してつくれそうなくらい確保できたのですが、この実を活用できたらいいのになあなんて考えてしまいました。多分他にも活用されないままの果実ってあるんだろうなあと思いながら、それを適正価格で買い取って事業化出来れば地域貢献出来ると考えてしまいました。

御夢想の名前の由来は?

最後に御夢想という名前の由来です。
『御夢想』というと四万温泉に詳しい方なら分かると思いますが『御夢想の湯』からいただきました。御夢想の湯というのは四万温泉の発祥伝説に由来する温泉で、夢枕に立った童子に神託を受けて四万の病を癒やす四万温泉が湧き出したという伝説があります。
その伝説と柚子は何の関係もないと言うことはなくて、四万温泉の温泉まんじゅうやさん(和菓子屋さんといった方がいいのか?)の楓月堂さんの製造している銘菓に『夢まくら』という美味しいお菓子があるのですが、これが柚子餡なんです。とても人気のお土産なので、この名前にあやかって柚子エールは御夢想になりました。将来は楓月堂さんの柚子も原料の中に入れられたらいいなと考えています。

夢まくら-四万温泉

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です